建具入る [お家]

おうちにブルーシートがかけられた。
建具も入ったという。

ブルーシート
ブルーシート posted by (C)鶴生館

なるほど、お店に引き戸がついとる。

お店の入口
お店の入口 posted by (C)鶴生館

その引き戸に立って店内を見渡すと、こんな感じ。
壁の穴ははめ殺しのガラスを入れる部分。
正面は厨房を隔てる引き戸。
扉の下から床上までがあんなに開くのは土間仕上げの仕様だそうです。
店舗併用住宅の店舗部分てほんと融通が利きませんでした…。

入口から店内
入口から店内 posted by (C)鶴生館

デザイン性のかけらもない排煙窓。
準防火地域ではこれがないと消防署の許可が下りません。

排煙窓
排煙窓 posted by (C)鶴生館

店舗内から入口を振り返るとこんな感じ。
おかみさんの「明るい店内にしたい」という希望と、利用するおきゃうく様のプライベート感を
自分なりに考えてこうなりました。

店内から入口
店内から入口 posted by (C)鶴生館

厨房側の壁の穴から店内を覗くとこんな感じ。
この穴の位置も後で失敗したなと感じた点です。
ハウスメーカーに店舗制作を依頼して一番困ったのは、メーカー側に実務的なアドバイスが
出来る人がいないと言う事でした。

厨房から店内
厨房から店内 posted by (C)鶴生館

窓も四角、引き戸も四角。実はそれ以外の店舗内のデザインも「スクウェア」で統一してあります。
このハウスメーカーはもともとプチ窓をフィーチャーしていて、個人的には当初からそれが気に入ら
なかったのですが、自分に与えられた選択肢をよくよく吟味した結果、そのデザインから逃げられ
ないことが分かったので、もうあえてそこへ飛び込むことにしました。

お店の引き戸
お店の引き戸 posted by (C)鶴生館

店舗内装を考えるにあたり、ハウスメーカーは無償で内装デザイナーをつけてくれたが、
「スクウェア」で統一して行こうとする私の選択に、「似たような感じになってしまいますよ?」
との指摘されて驚いた。

似たような感じにしてんだよ。
こんな狭い店でなんでわざわざちぐはぐなイメージつけなあかんねん。

店舗づくりに関しては、いや、そもそも家づくりに関しては、悔しい部分もいっぱいありましたが、
それでも屋根があって壁があって雨風しのげて、いくつか自分のこだわる物も前の店から
移してこれて、そこでちゃんと商売が出来ていると言う事には満足しています。

で、「似たような感じ」の店舗がどうなったかは、後程鶴生館ブログの方でご紹介したいと思います。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屋根より壁 [お家]

壁が立ってきた。
2x4工法なので(詳しいことはよう知らんが)屋根より先に壁が出来てゆくらしい。
つまり、屋根が乗っかるのは最後と言う事だ。
上棟式が出来るのはまだまだ先の様です。

壁が出来てきた
壁が出来てきた posted by (C)鶴生館

二階も出来てきた。
雨降ったらどうするんだろうとハラハラする空模様。
ちなみに、電線が束になって足場にぶつかるアホほど危険な電柱は、
移動してもらいました。

二階
二階 posted by (C)鶴生館

これはパワーコラムという鉄製の柱。
2x4に鉄筋を部分的に取り入れることで耐震性が3割アップというオプション。
基本、建物一階部分の四隅にこのパワーコラムがかぎ状に配置されますが、
うちの場合はもう2か所ほど多く設置されました。

パワーコラム
パワーコラム posted by (C)鶴生館

パワーコラムにはウレタンシートが巻いてありました。
木造との接触部分の結露を防いでいるのでしょうね。

ウレタンで巻く
ウレタンで巻く posted by (C)鶴生館

これも同じ目的だと思う。鉄製のパワーコラムと木造ユニットを接合するボルト部分に
フォーム状のウレタンが流し込まれてた。
ウレタンのムースがあるとはねえ。後日TV CMでも見たけど、なんだか便利そう。
しかし、後始末が大変そう。

ウレタンフォーム
ウレタンフォーム posted by (C)鶴生館

細長い窓枠だけど、ここは正方形の窓が縦に2つ並びます。
三協立山の「プチ窓」ってやつ。
ハウスメーカーはこの「プチ窓」6つを提案して来たんだけど、
おかみさんの「お店の中は自然光をたくさん入れたい」と言う希望から
私は8つでお願いしました。

窓枠
窓枠 posted by (C)鶴生館

これは室内のガラスのはめ殺し部分。
前の店の店内で同じように使っていたガラスを切り出して持ってくる予定。

はめ殺し
はめ殺し posted by (C)鶴生館

デザイン性もへったくれもない、ただそこになくちゃいけないというので嫌々つけた排煙窓。
この辺一帯は準防火地域なので、必須の対策なのだそうですが、そういう建築上の条件が
さんざんデザインを考えちゃった後でメーカー側からポロポロ出てくるんで呆れることがしばしば
ありました。

排煙窓
排煙窓 posted by (C)鶴生館

しかし、倒れても倒れても歩いて行かなければいけないんだなぁという気持ちで
進み続けた家づくりの思いで。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

基礎が出来たみたい [お家]

この前の頑丈な鉄板枠の通り基礎が出来たみたい。
やっぱり丸々2ヶ月かかった。
11月納期でどういうリードタイムなのかさっぱり分からない。

基礎完成
基礎完成 posted by (C)鶴生館

こうやって見てみると、やっぱかなり地面から高いよねえ。
これで水害が防げるといいんだけど。

高基礎
高基礎 posted by (C)鶴生館

土留めのブロックより高い基礎。
これにどれだけうちの家族が水害を恐れているかが表れている。

しかし、図面上ここに玄関が出来ることになっているのだが…。
完全に土留めのブロックの向こう側で、基礎は完全に地面から1m以上はある。
大丈夫かな…。

ここに玄関
ここに玄関 posted by (C)鶴生館

土留めのブロックは一般的なブロックより厚みがあって頑丈にできてるんだって。
なるほど。言われてみればそうかもね。

土留めブロック
土留めブロック posted by (C)鶴生館

実は、この土留めのブロックに関してはハウスメーカー側と結構もめまして、
どんなのを使ううか事前に相談もなかったけど、まさかこんなおじいちゃんのお墓の土留めに使ってる
味もそっけもないブロックを使うとはついぞ思わず、結局このブロックの上から吹付塗装を施してもらう
ことで納得しました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

基礎を流し込む日 [お家]

うちの基礎のコンクリをこれから流し込むそうです。

コンクリのブロック
コンクリのブロック posted by (C)鶴生館

うちは水が出る地域に家を建てることになっちゃったので、もともと地質改良して、50㎝土盛りした上に
50㎝の高基礎にしてはいるんだけど。

高基礎
高基礎 posted by (C)鶴生館

小さなコンクリのブロックがあるじゃない?
あれが均等にコンクリで埋まるまで流し込んで均すみたいよ。
結構な量だよね。

ここまで入る
ここまで入る posted by (C)鶴生館

基礎周りを固める鉄板も頑丈そうね。
ワイヤーのピッチも20㎝四方くらいかな。

鉄板の枠
鉄板の枠 posted by (C)鶴生館

あの木で四角に囲ってあるのは厨房のグレーチング。
今の店は厨房をぐるりと囲むようにシンクが並んでるから、
グレーチングも厨房の中を一周してたけど、
今度の厨房は超ミニサイズなので小さな口が2か所に開いてるだけ。

グレーチング
グレーチング posted by (C)鶴生館

これでやっと基礎ができるよ。
地鎮祭7月24日にやってんだよ?
家の基礎作るのに丸々2ヶ月かかったよ。
なんぼ地質改良だ、土盛りだ、高基礎だっつったってかかりすぎじゃね?
家造るのなんて初めてだからその辺のリードタイムがよくわかんないけど、だって、お尻(引き渡し日)は決まってるわけじゃない?
11月中よ?引き渡し。
なーんかこっちが選挙で忙しいのをいいことにちんたらしてやがったのかしら。

不安だわー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。