思い立ってドライカレー [まかない]

みじん切りにした野菜と一緒に痛めた挽肉が残っていたので、思い立ってドライカレーを作ってみた。

思い付き
思い付き posted by (C)鶴生館

言うても、S&Bのカレー粉入れただけやねんけどな。
そしたらお肉とか野菜の甘みの方が勝ってしまったよ。

ドライカレー
ドライカレー posted by (C)鶴生館

ドライカレーと思わなけれはこれはこれでおいしいごはんだったよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひと夏の戦友 [うちの子たち]

おばさんが持って帰れるようにカブトムシをパッケージングしました。
私の腕から落ちたショックでしばらくちょっとボーっとしてた感じだったけど、
ちゃんとご飯を食べ始めたので一安心。かな?

プレゼント用パッケージ
プレゼント用パッケージ posted by (C)鶴生館

ありあわせの物で作った入れ物だけど、意外に居心地良さそうで私も満足。

小さな部屋
小さな部屋 posted by (C)鶴生館

おかみさんのお手製蜜もこれが最後だ。
たくさんお飲み。

水を飲む
水を飲む posted by (C)鶴生館

おかみさんの蜜を飲めるのもこれが最後と知ってか、最近にしては嫌に素直に飲んでいる。
こんなに狭い所に入れられても一向おとなしかった。

おとなしい
おとなしい posted by (C)鶴生館

さあ、後は蓋をするだけ。
移動がストレスにならないといいんだけどな。

旅支度
旅支度 posted by (C)鶴生館

蓋をされても一向気にならない。
これ、ほんとは梅干しが入っていたプラケース。
よもやカブトムシを持ちかえるのにこれほどしっくりくるものがうちにあろうとは思わなんだ。
こんなん捨てるばっかりやと思っていたけれど、おかみさんの物持ちの良さには頭が下がります。、

蓋をされる
蓋をされる posted by (C)鶴生館

蓋には錐で穴も空けたよ。
どれくらい空ければ十分なのかもわからんかったので適当だけど。

空気穴
空気穴 posted by (C)鶴生館

貰われてっても元気でね。
生まれて初めてカブトムシを飼って、ひと夏お前と一緒に過ごせて私はすんごい楽しかった。
あんなにめちゃくちゃで大変だったこの夏もお前と一緒に乗り越えた。
どんなに大変でも毎日お前の世話をして、私は知らんうちにお前にたくさん励まされてたのかもしれない。
ほんとにありがとう。長生きしてくれて。
君の幸せを、来世でも、祈ります。

元気でね
元気でね posted by (C)鶴生館

そして願わくは、おばさんちの女の子とうまいこといって、
来年の夏にはお前にそっくりな元気なジュニアが生まれることを願ってます。

そしたらその時はまた元気に会おうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最後のお家 [うちの子たち]

9月1日の朝食。
これが私の上げる最後の食事となりました。
今日、親戚のおばさん地に引き取られていくんです。
おばさん、カブトムシ繁殖してるんやって。

最後の食事
最後の食事 posted by (C)鶴生館

気が好きなことが分かったので、土を組み合わせて素敵なお家を作ったばかりだというのに…。
君は旅立ってしまうんだね…。

新居3
新居3 posted by (C)鶴生館

このまな板の台をとっても気に入っている。
かじっても何も出てこないことが分かったのか、今日はガリガリやらない。

ぴったり
ぴったり posted by (C)鶴生館

最近めっきり元気がなくなったから、どうせ死んじゃうなら桜の木の下でと思って、いつか外に
放してやろうと考えていたんだけど、毎朝今日も生きてると思うとついつい手放しにくくなってしまって…。

木が好き
木が好き posted by (C)鶴生館

私にもだいぶ慣れた。というか、私がだいぶ慣れた。
弱々しくなったのではがす時痛くなくなったから。
巣を掃除するのに水を使った後は必ず手について水を飲んでる。

しかし、おまぬけな私のカブトムシはおばさんちに行くのがそんなに嫌だったのか、
私の腕から飛び降りるという事件を起こして心底驚かせられました。

人にも慣れた
人にも慣れた posted by (C)鶴生館

婿に出されるのを悲観してカブトムシが自然落下する様子はこちら。
お婿さんに行くの嫌だったのかなぁ。



おばさんちは毎年カブトムシを繁殖させてて、今まだメスが一匹残ってるっていうから、
ひょっとしたらおばさんち行けば、自分の子供を残せるかななんて甘い期待をしちゃったりもしたもんだから。

ほんとは、自分の手で放すというのがなかなか思い切れなかったというのもあるし、
朝起きたらこの子がとうとう死んでたっていうのも見たくないっていう気持ちもあったりしたから、
おばさんに引き取られるのは誰にとっても円満解決やーなんて思っちゃったんだけど。
君はどうだったんだかね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お彼岸の動物たち [田舎イベント]

お彼岸なので犬の墓参りへ。

のびてます。
こんな囲いちょっと跳ねたら飛び出せるだろうに。
そうしないあたりに彼(彼女?)の人生観を感じます。

夏のウサギ
夏のウサギ posted by (C)鶴生館

人に慣れてるから柵の中に入ってきても微動だにしない。

小さくなってる
小さくなってる posted by (C)鶴生館

でもなんかすごい見られてるけど。
私じゃないとこを。

おびえる瞳
おびえる瞳 posted by (C)鶴生館

ウサギも足組するのね。なんかセクシー。
鬼のパンツの歌の2番目はウサギでしょ?しなやかー、しなやかー♪って。
しなやかというパンツを想像して当時の私はきっとウサギのパンツはセクシーなんだろうと思っていました。

ウサギの足組み
ウサギの足組み posted by (C)鶴生館

出た。問題児。
このアヒル、すんごいうるさいの。ずーっとギャーギャーわめいてるの。
鳥の躾ってどうしたらいいんだろうなぁ。

例の人
例の人 posted by (C)鶴生館

ほら、こっち向いてなんか言ってる。
何言ってんだろ。

アピールするアヒル
アピールするアヒル posted by (C)鶴生館

そんなに一生懸命言われても全然分かってあげられないんだってばよ。

猛烈アピール中
猛烈アピール中 posted by (C)鶴生館

扉の横まで行くと蝶番のところをガチャガチャするから単に外に出たいのかもしれないけど。
アヒルって飛んで行ってしまうんだっけ?

届かぬメッセージ
届かぬメッセージ posted by (C)鶴生館

今年は犬のお墓参りに行ったら、動物公園に子犬が5匹もいて大変なことになった。
あまりに大変な映像になってしまったので、アップロードは控えました。

やっぱ動物っていいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水飲みたい [うちの子たち]

夜の寝床作りの後、私の手に着いた水を飲むカブトムシ。
カブトムシも最近めっきりおとなしく、というか弱って来てしまったので私でも扱えるようになりました。

水っ
水っ posted by (C)鶴生館

こーんなに人に付いた水を一生懸命飲むなんてびっくり。
そんなに水飲みたかったのか。

水だ
水だ posted by (C)鶴生館

髭でゴシゴシやって、でも時々ちくちくするからなんかかじってもいるみたい。

ゴシゴシ
ゴシゴシ posted by (C)鶴生館

結構ちくちくするんだが、でも、遠慮してくれてるのかな。
だって、昨日木をかじってた時の音から想像したら相当あごの力ありそうだったけど。
だって、木の皮削るんだし。

ガシガシ
ガシガシ posted by (C)鶴生館

そーんなに水飲みたかったのか。
まあ考えてみたら水は誰にだって必要だもんね。
チョウチョだって飲むんだし。
今まで気が付かなくてすみません。

水~~~
水~~~ posted by (C)鶴生館

こんな世話の仕方でよく1ヶ月以上も生きたよ。
まあ、たまたまだけど、びっくりしちゃう。
健康な子で良かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木のぬくもり [うちの子たち]

「木だ!」
と言って、なにも出るはずのない木にむしゃぶりつくカブトムシ。

毎晩、カブトムシの家の土を水を振って湿らせてまぜ返したりしてるんだけど、
その間、この木のとこにおいといたら急に興奮し初めて。

木だ!
木だ! posted by (C)鶴生館

この木は魚をおろすまな板を乗せる足なんだけど、もちろん枯れ切っているので
噛んだ所でなにも出てこないんですが…

ガリガリ
ガリガリ posted by (C)鶴生館

ガリガリッ、ガリガリッという木を削る音がして気の毒でした。
そこからは何も出てこないよ。

ガリガリガリ
ガリガリガリ posted by (C)鶴生館

必死です。
やっぱり樹液の方がいいのかねー。

ガリガリガリガリ
ガリガリガリガリ posted by (C)鶴生館

全然離れようとしない。
木の感触もうれしいのかもしれないね。

何か出て来るはず
何か出て来るはず posted by (C)鶴生館

そっかー、木も必要なのか―。
おうちに木も欲しい訳ね。

あきらめない
あきらめない posted by (C)鶴生館

でもこんなにおっきな木は今の家に入れてあげられないので、
かわいそうだけど無理矢理はがして土だけのおうちに帰ってもらいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実がいっぱい [ディスカバーご近所]

こんなにぎっしり。
これ食べれたらいいのになぁ。
というか、食べたらおいしかったらいいのになぁ。

ぎっしり
ぎっしり posted by (C)鶴生館

これは花桃の実。
なんも手入れもされなくてもこんなに立派できれいな実が付くなんて、すごい。
何度も言うが、食べておいしければいいのに…。

花桃の実
花桃の実 posted by (C)鶴生館

というのも、一本の木にこんなについているからだ。
これがみんな美味しかったらどうする??

たわわ
たわわ posted by (C)鶴生館

しかし、鳥も誰も全く手を出さない所を見ると、これは絶対にまずいはず。
でなければ鳥が放っておくはずがない。

花桃の実
花桃の実 posted by (C)鶴生館

だって、ほら、こんなに食べやすい所に置いてあるのに誰も手を出さない。

グッサリ
グッサリ posted by (C)鶴生館

しかしうまい具合に鉄線の先に刺さったなぁ。

しっかり
しっかり posted by (C)鶴生館

あー…こんなにいっぱい立派なのが付いているのを、ただ見ているだけだなんてー。
もったいない。
すごく実のなる木に憧れるのよ私。

いっぱいやー
いっぱいやー posted by (C)鶴生館

私が花桃の木を見上げる向こうで、桜の木が夕日を遮ってくれていました。
歩いてくるおばあちゃんと比べても大きいでしょ?
まあ、おばあちゃんも小さいけど。

夏の桜
夏の桜 posted by (C)鶴生館

うちもなんか実のなる木が欲しいなー。
場所ないけど。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

待ってたよ [お客様]

わー、いらっしゃーい。
今年はトマトもピーマンもなんも育ててないんで誰も来ないかと思っていたよ。
よかった来てくれて。

いらっしゃい
いらっしゃい posted by (C)鶴生館

ライト当てても平気なんだ。
気にならないのかね。

慣れました
慣れました posted by (C)鶴生館

元気?去年より大きくなった?
違う人かもしれんけど。

限界
限界 posted by (C)鶴生館

いつも不思議やねんけど、なんでうちにくるんやろなー。
田んぼ遠いし。川つっても、おたまじゃくしの泳いでそうなとこなんかこの辺にはないのに。

クール
クール posted by (C)鶴生館

来年の夏はさ、ここにはいないけど、よかったらまたおいでよ。
今度はいやでも水の出るとこだから。
ただ、川でヘビが泳いでいるのを見かけたから気を付けて。

最後の挨拶か
最後の挨拶か posted by (C)鶴生館

お別れ言いに来てくれてありがとう。(水を飲みに来ただけだと思うけど)
来年もまた元気に会おう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満開の日 [うちの子たち]

翌日(3月8日)。
やっぱり家の中で撮ってる。

苗が小さすぎて外に出しちゃうと撮りづらいのよ。

箱入り娘
箱入り娘 posted by (C)鶴生館

美しい…。
花嫁さんみたいや…。

桜のブーケ
桜のブーケ posted by (C)鶴生館

玉のように花が付きますが、けっこう下向きに咲くんです。
カメラの液晶が動いてくれるんで助かりますけども。

桜の玉
桜の玉 posted by (C)鶴生館

ほらね。
なんか変な小人が実切れてますけど。

小人の花見
小人の花見 posted by (C)鶴生館

こんな風に枝の先に桜のぼんぼりみたいのが出来る。
蕾の最後の一つ。

ふんわり
ふんわり posted by (C)鶴生館

蕊には二色ある。
これは白。

白い蕊
白い蕊 posted by (C)鶴生館

これはピンク。

ピンクの蕊
ピンクの蕊 posted by (C)鶴生館

しかし、同じ場所から咲いてても蕊の色が違ったりする。不思議。

蕊の色
蕊の色 posted by (C)鶴生館

ほら、これも。
蕊の色が違うと、オスとかメスとかあるのかな。

ピンク、ピンク、白
ピンク、ピンク、白 posted by (C)鶴生館

血の管。
ミ●チルの歌ではない。うちの桜の花びらのことだ。
血の管も綺麗な薄ピンク。葉っぱは葉脈って言うけど、花びらならなんて言うんやろ。

桜の血
桜の血 posted by (C)鶴生館

これはピンクの蕊ばっかり。
若葉がスクリューのように生えてきた。
あんな形で生えて来るんだね。

ピンクの蕊
ピンクの蕊 posted by (C)鶴生館

あれ、ここは花咲かんのやろか。
いきなり葉っぱが出て来て。

若葉の緑
若葉の緑 posted by (C)鶴生館

河津桜の向こうに曇る金色の小人。
別に小人に花見をさせようと思ってここで写真を取っていた訳ではないのだが、
よろこんでそうなのでほっとく。

桜好きの小人
桜好きの小人 posted by (C)鶴生館

なんか苦労していいとこ撮ろうとすると必ず入って来る。
しかも本人あの場所すごい気に入っている。ので、動かせない。

金色の小人
金色の小人 posted by (C)鶴生館

しまいには、意外に金色の小人がこの桜に合ってなくもないとまで思えて来てしまう。
まあ、ええねん。この小人たちは前の店の時はひどい扱いだったから。
それにしても、この店に来たときはいの一番にこの席に据えられてびっくりした。
「ここかよ」と思ったけど、すごい気に行ってそうなので結局動かせなかった。

白い花 ピンクの蕾
白い花 ピンクの蕾 posted by (C)鶴生館

この中では最後の蕾だけど、明日にはパーっと全部開いちゃうんだろうな。

明日に咲く
明日に咲く posted by (C)鶴生館

満開の部分を上からのぞくのも面白い。
葉っぱも生えてきた。

桜の放射
桜の放射 posted by (C)鶴生館

この辺はまだ花が楽しめそうだけど、

二番手、三番手
二番手、三番手 posted by (C)鶴生館

こことかまだ蕾が硬い。

まだこれから
まだこれから posted by (C)鶴生館

しかしこれは完全に葉だよね。

葉っぱだよね
葉っぱだよね posted by (C)鶴生館

咲くかと思ってとっておいた根っこのとこの芽もとうとう葉っぱが生えて来てしまった。
咲かんのかい。

根っこから
根っこから posted by (C)鶴生館

ひょっとしてこの辺も花咲かなかったりするのかな。

順番を待つ
順番を待つ posted by (C)鶴生館

なんとも奥ゆかしい咲き方をするね君は。
うちの河津桜も花が楽しめるのはあと3日くらいいってところかな―。

うつむき加減
うつむき加減 posted by (C)鶴生館

問題は、来年までどうやってこの苗を持たせるかっちゅーことなんだけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今を盛りと [うちの子たち]

いかん、散り始めた。

世間では河津桜も平年より1ヶ月遅い見ごろだそうだが、うちの箱入り娘はもう散り始めた。
と言う事で慌ててアップする。

広告の品の河津桜。
苗を買う時は、鉢に対する幹の場所のバランスの良さか、それよりも枝ぶりの良さかに分かれたけれど、
私が根っこのバランスよりも枝ぶりだと言い張って買った苗です。
ほんとはどっちがいいのかってことには全く知識がないのだけれど。

枝ぶり
枝ぶり posted by (C)鶴生館

3月7日の段階ではまだ蕾も多いけど、ここまで膨らんじゃうと次の日の朝にはもう
パッと全開だったりするのよ?

家の中
家の中 posted by (C)鶴生館

春は先っぽから。
一番先の花だけ咲いた。
最初に花が開いた時のおかみさんのよろこびようったらなかったな。
そんなに桜すきだったっけか。

一番乗り
一番乗り posted by (C)鶴生館

ここの枝はまだしっかりした蕾が多いからもう少し花を楽しめそうだね。

春は先っぽから
春は先っぽから posted by (C)鶴生館

しっかりと開いた花を横から見ると、花弁の形もガクの形もしっかりとシャープで、
正面から見るふんわりとした柔らかさとは違う印象だよね。

横顔
横顔 posted by (C)鶴生館

柔らかそうな蕾。眠そうと言うか。
蕾はこんなにピンクが濃いのにね。

柔らかそう
柔らかそう posted by (C)鶴生館

中の花弁が見えて来てる。
こうしてみると、蕾が膨らんで行く様子を見るのも楽しいね。

ほころぶ
ほころぶ posted by (C)鶴生館

花弁によった皺が、羽化したての蝉みたいにほやほやっとして柔らかそう。

生まれたて
生まれたて posted by (C)鶴生館

咲くと白い花に。
面白いね。
蕊が多いんだなぁ。梅の花みたい。

白い花
白い花 posted by (C)鶴生館

これは家の中で撮影しているからなんだけど、
それにしても河津桜とソメイヨシノではずいぶん花の雰囲気が違うよね。

ふわふわ
ふわふわ posted by (C)鶴生館

この枝の先が曲がってしまったのはおかみさんがやってしまったらしい。
私が気が付いた時には玄関のシューズクロークにくっついててこの形のまま固まってた。

曲がってしまった
曲がってしまった posted by (C)鶴生館

なんとなく死んじゃってそうな気もするけど、何とか咲かないかね。

残された先端
残された先端 posted by (C)鶴生館

河津桜は咲くと白いけど、蕊は白とピンクがあるようです。
これはピンク。

ピンクの蕊
ピンクの蕊 posted by (C)鶴生館

うちの箱入り娘は片手で持てる程の苗なので、
夜は家の中にしまわれているのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。